内科医転職.com|内科医が教える病院バレしない転職

内科医師のための転職情報

内科医・転職

転職エージェントのランキング

転職エージェントのランキング

エムスリーキャリア(実績No.1)


オススメ度★★★★★
登録登録無料
説明医師会員20万人以上!
業界最大!医師利用・年間1万人以上のサイト
・転職希望医師の登録実績No1を更新中!
完全匿名でも医療機関と交渉可能
・出回らない人気の「非公開求人」も多数保有
登録条件・医師免許を持っている方(研修医は除外)
要本人確認登録後30日以内
匿名での登録も可能
医師専門の転職エージェント、心強いですよね。しかも完全匿名を守ってくれるのは有難いです。業界ナンバーワンだからこその安心感です♪
転職の詳細を見る

リクルート・ドクターズキャリア


オススメ度★★★★★
登録登録無料
説明安心のリクルート社
医師の転職支援で30年の実績
・好条件・高収入の可能性アップ!
・交渉事はエージェントが率先して行う
・非公開求人が豊富で頼れる
特長時間を有効に使いたいや、給料をアップしたいなど、内科にマッチした好条件の案件をコンサルティングしてくれます。
今すぐの転職を考えていなくても、事前に情報を収集するため、転職エージェントに接触する医師が増えています。
転職の詳細を見る

医師転職ドットコム(メディウェル)


オススメ度★★★★☆
登録登録無料
説明個人情報を守り、安心して転職活動
求人が一般公開されない理由
・ライバル病院に秘密にしたい
・病院内部の混乱を避けたい
・医師の人柄を見て決めたい
特長時間を有効に使いたいや、給料をアップしたいなど、内科にマッチした好条件の案件をコンサルティングしてくれます。
今すぐの転職を考えていなくても、事前に情報を収集するため、転職エージェントに接触する医師が増えています。
詳細を見る

内科医が希望の条件や待遇を求めて、転職を考える方が多いようです。 普通のビジネスマンと同じように、医者の転職市場も流動性が高まっているということのようです。
しかし、サラリーマンのように組織内で簡単に辞めることが難しい医師は、どのように転職を行えばよいのでしょうか?
まずは、日常の業務があまりにも忙しいのに、いつ転職活動を行うべきでしょうか。
また、大学病院などでは医局を退局するのは、大げさではなく一大決心です。
どのようなタイミングで、どのような切り出しをして、円満に転職することができるのでしょうか?
そのような情報を、医師専門の転職エージェントは理解しています。
一箇所にずっと忠誠を掲げるのは大事ですが、反面自分の人生ですから、どんどんチャレンジしてより良い理想を追い求めたいですよね。
生活面にしても同じだと思います。
転職はひとつの人生の転機として、真剣に考えてみるのもよいでしょう。


医師転職

内科医の専門領域と転職のポイント

内科医転職

内科医といっても様々です。専門領域別の傾向と対策をお教えしますね。

一口に内科医といっても、
一般内科・総合内科医から循環器・呼吸器・消化器内科、
もしくは内分泌内科・神経内科のように極めて専門性が高い分野まで様々です。

希望通りの転職を実現するためには、あなたの専門分野に応じた対策が必要です。

ここでは専門分野別の傾向と対策について簡単にまとめてみました。

一般内科・総合内科

内科医の転職に際し、実は最も需要のある分野です。

ケアミックスや療養型病院では専門家を揃えることが難しいため、
ある程度は1人で何でも診ることができる必要があります。

広く浅く内科全般を担当することができ、
さらに全身管理が得意という一般内科および総合内科医的な素養が強く求められます。

一般的にプライマリ・ケアを担当する医師は不足傾向にあり、
非常に求人数が多いです。

「病気」ではなく「患者」を診るという総合診療科的な視点も非常に好感の持てるポイントです。

循環器内科

循環器内科医は、分野の特性として救急分野に慣れており、
一通りの呼吸循環管理ができるという強みを持っています。

動脈硬化性疾患を扱う関係で
高血圧・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病の管理にも精通している医師が多く、
潜在的に需要の多い分野です。

総合病院から療養型病院、
またクリニックまで非常に多くの求人があります。

但し心臓カテーテル検査ができるかどうか、
また心カテに関わる仕事をしたいのかどうかによっても求人の数が異なります。

消化器内科

消化器内科医にとっては内視鏡ができるかどうか、
特に上部だけではなく下部消化管内視鏡検査ができるかどうかが、大きなポイントになります。

内視鏡がきちんとできれば、
総合病院やクリニックだけではなく健診分野でも非常に重用されます。

またERCPPTCDなどの特殊検査・治療まで可能という医師は転職市場においては貴重ですので、
好条件での転職が見込めます。

最近では、消化器内科医は外科とコラボレーションして治療を勧めていくことが多いので、
その病院の外科医とうまくやっていけそうかという協調性が意外と重要になります。

呼吸器内科

呼吸器内科は専門医の数が少ないこともあり、
正直なところ募集の数自体は少ないです。

この状況であえて呼吸器内科の求人を出す病院は呼吸器専門医としての技量を欲していることも多いので、
意外と好待遇での転職が期待できます。

一般内科の知識が多少でもあれば、急性期あるいは療養型病院に限らず需要は多いです。

その他

内分泌内科は急増中の糖尿病・脂質異常症に対し、
神経内科はパーキンソン病や脳ドックなど、それぞれの専門分野に応じて非常に多くの求人があります。

つまり、内科医としての専門分野はそれぞれ違っても、
自分のスキルを磨くことによって希望の転職が可能ということなのです。

医療の分野別求人の傾向、転職の傾向などは、
転職サイトに登録して、担当のエージェントに詳しく相談するとよいでしょう。